本文へ移動
学校法人いわき幼稚園
〒970-8032
福島県いわき市平中山字矢ノ倉131-4

TEL.0246-25-1220
FAX.0246-28-8002
 
いわき幼稚園
白ばら幼稚園
ありす幼稚園
絵本美術館
≪いわき幼稚園≫
≪白ばら幼稚園≫
≪ありす幼稚園≫

いわき幼稚園ブログ

灯りをつけましょ、ボンボリに

2018-03-02
「♪灯りをつけましょ、ボンボリに~」
「ひなまつり」の紙芝居をよんでもらいました
年長のおにいさん、おねえさん。卒園の記念に。
お雛さまのケーキ
きょうは、女の子のおまつり「ひな祭り」です。
これまで、みんなで作ってきた可愛い雛人形を、ホールのひな壇に飾っておいわいしました。
立派なひな壇を前に、"たのしいひなまつり"のお歌をうたって、先生に紙芝居をよんでもらいました。
こんなに素敵なひな壇をくずしてしまうのはもったいないですが、それぞれラッピングしてもらい、おうちに持って帰ります。
飾ってくださいね。
それから、"お雛様のケーキ"もいっしょですよ。
とても大きいので、お父さんやお母さんといっしょにいただいてくださいね
 

ジャム先生とジャムづくり

2018-03-01
「ジャム先生のお話って、おもしろーいッ」
「こんなにお砂糖をいれるんですよ」
「わあ、苺からジュースがでてる…」
苗から育ててきた"とちおとめ"を収穫してジャムを作りました。
「おうちでジャムを作ったことありますか?」
「おばあちゃんのお家で作ってまーす」
ほとんどがお家でジャムづくりをしたことのない子どもたち。
みんなわくわくして、「どうやってジャムになるのかなあ…」とつぶやいていました。
20パックほど新鮮な苺を買ってくわえた鍋の中は、苺でいっぱい
あたりには甘い香りが漂って、さっそく苺好きの子どもたちは「いいにお~い!」と笑みがこぼれてきます。
たくさんのグラニュー糖とレモン汁を入れてかきまぜ、しばらく寝かせます。
いい頃合いに子どもたちに鍋の中を見せると、あらあら不思議。
苺からたくさんの水分が出てきて、子どもたちも驚いてのぞきこんでいます。
「水を一滴も入れないわけがわかりましたか?」
あとは、先生が4時間、クツクツとへらでかき混ぜながら、鍋の番です。
一瞬たりとも目を離せないので、ジャム先生(ゆきこ)にまかせました。
 

カレー・パーティ

2018-02-19
なんどもおかわりする子どもたちもいましたよ
年長さんの楽しみにしていた「カレー・パーティ」がおこなわれました。
朝からみんな嬉しくてたまりません。
そわそわしながらホールをのぞいては、笑い合っておりました。
かわいいエプロン姿でやってきた子どもたちは、ちょっぴり興奮気味。
「おうちのカレーを思い出してごらん。じゃがいもやニンジンの大きさはどうだったかな?」
超薄切りに切ってしまう子もいて、ほほえましい調理風景が見られました。
それでも、包丁の使い方はほんとうに板について、どの子もちゃんと猫の手になっていて感心しました。
それからみんなの切った野菜を大なべに入れ、ぐつぐつと湯気がたってくる様子を見て大満足の子どもたち。
さあ、みんなでテーブルを囲んで、パーティのはじまりです!
「おうちのカレーよりおいしい!」
「今までで一番おいしい!」
自分たちの作ったカレーはよほどおいしいのか、みんなで食べるからおいしいのか、子どもたちは口々にそう言いながら何度もおかわりしていました。
毎年思いますが、大なべで作るカレーって、ほんとうにおいしいんですよね!!
 

オペレッタ !

2018-01-27
「マッチうりの少女」
「こぶとりじいさん」
「おゆうぎ会」の二本柱となってくれた年長組のオペレッタ。
子どもたち一人ひとりが役になりきって、どの子ものびのびと大きな声で台詞を言う姿に、おうちの方もさぞ驚かれたことでしょう。
もう、いつ小学生になってもいいですね。
楽しかったですよ!
 
 

「おゆうぎ会」・年中組

2018-01-27
「Cragy Party Night」
「ひとりぼっちの晩餐会」
「アイスクリームのうた」
「おとぎの国のなかまたち」
昨年の「おゆうぎ会」をおぼえている年中さんは、「今年のお衣装はなあに?」と早くから気になって仕方のないようす。
でも、さすがに年中さん !
楽しみにしていたお衣装をまとって踊る子どもたちは、ステージの上でもひときわ輝いていましたよ
 
 
TOPへ戻る