本文へ移動
学校法人いわき幼稚園
〒970-8032
福島県いわき市平中山字矢ノ倉131-4

TEL.0246-25-1220
FAX.0246-28-8002
 
いわき幼稚園
白ばら幼稚園
ありす幼稚園
絵本美術館
≪いわき幼稚園≫
≪白ばら幼稚園≫
≪ありす幼稚園≫

いわき幼稚園ブログ

生まれて初めての砂場遊び

2018-06-23
朝からはっきりしないお天気でしたが、今日も、この日を楽しみにしていた小さな子どもたちがたくさん園に遊びに来てくれました。
一昨日新しいお砂を入れたばかりの砂場で、お昼が過ぎても嬉々として遊んでいる子どもたちも多く、聞けば、生まれてから一度も公園の砂場では遊ばせたことがないと言うお母さまも多く、それでは子どもたちにとってはさぞかし新鮮なことだったろうと、何やら感慨深いものがありました。
 
園でも、震災後は室内砂場を作り、オーストラリアから安全な砂を輸入するなどして、子どもたちに砂遊びのおもしろさを体験させていましたが、震災から7年、そろそろ陽光降り注ぐ外のお砂場を再開させてもよい頃かと、方々手を尽くし、地表面が 0.03〜0.05μシーベルト/hr (自然放射線量)の安全な砂を見つけて、トラックを往復させて常陸太田市から運ばせました。
金曜は午前保育だったため在園児はまだ遊んでおりませんが、来週はお天気を見て、たっぷり砂場で遊ばせたいと思います。
しばらくは、室内砂場で使っていたスコップや、熊手、ふるいや、ダンプカーなどで楽しませますが、徐々にご家庭から使わなくなったお鍋や、お玉、しゃもじ、プライパン、お椀、弁当箱などを集め、ままごと遊びをさせるつもりです。
子どもたちは本物志向ですから、砂場のこの“ままごと”あそびが一番盛り上がるのです。
「せんせい、これつくったよ。たべて」と、お皿にスプーンを添えて、大事そうに持ってくる子どもたちの姿が、今から目に浮かぶようです。
 

新聞紙であそぼう!

2018-06-19
 子どもたちが大好きな遊びを、年中の子どもたちがしていましたよ。
 
「新聞紙であそぼう!」
 
実は、新聞紙って、遊びの道具としては最高なんです。
最初はかぶってガサガサ音を聞いたり、畳んだり、裂いたり、ちぎったり…挙げ句の果てには、空中にみんなぶちまけたり。
お家では (ぜったいに ! ) できない大胆な遊びの展開を、子どもたちがすべて見せてくれました。
みんな盛り上がっていますね。
 
梅雨の鬱陶しい日に子どもたちを発散させようと組み込んだカリキュラムでしたが、こんな楽しいことは、今日のようなピカピカのお天気こそふさわしい…子どもたちの大はしゃぎぶりを見て、そんなことを確信しました。
 
でも、お片づけは、どの子もちゃーんとりっぱにしましたよ。
床には小さな紙片一つ落ちていませんでした。
また遊びましょうね!
 

サッカー教室(年長組)

2018-06-13
梅雨に入ったなんて信じられないくらいの、すばらしいお天気です。
今日は、待ちにまった「サッカー教室」。
ボールに親しんでもらうために、ボールを使ったゲームを時間をかけて楽しみました。
年中さんのときはあまり上手くできなかった、ボールを足で蹴りながら走るのも、今では自由自在に。
驚いたことに、女の子がけっこう上手にボールを操っていたのが小気味良かったですね。
これからワールドカップがはじまりますが、テレビでも取り上げられることが多くなるでしょうから、ますますサッカーに興味をもって、次回はもっとワクワクしながらボールと戯れられるといいですね!
 

夏季プレスクールが始まりました!

2018-06-02
いよいよ、待ちに待った“夏季プレスクール”が始まりました。
今年は初日から50名近くの申し込みがあり、最終回にはこの2倍の参加が見込まれます。
今から準備が大変です!
 
さて、本日は土曜日ということもあって、お父さまの姿も多く、お天気も上々、少し暑いくらいでしたが、園舎は涼しい風が通り抜けて ( “風の道”をつくってもらっていますからね )、おやつタイムにはまるで家族ピクニックのような、楽しくて、やさしい時間があちらこちらで流れておりました。
これから鬱陶しい梅雨の季節に突入しますが、いわき幼稚園は梅雨でもへっちゃら。
広いデッキスペースを使ってのびのび遊べますから、雨のお休みの日にはどうぞご家族そろって遊びにいらしてくださいね。
歓迎いたします!!
 

「イチゴ、だいすき!」

2018-05-24
五月晴れの中、5月生まれのお誕生会が行われました。
主役は5月生まれにふさわしく、皆さわやかな子どもたちです。
ひとりひとり「ハッピー・バースデー」の歌でお祝いされ、壇上の子どもたちは緊張しながらも、とっても嬉しそう。
それから先生に手作りのお誕生カードをプレゼントされて、みんなお席にもどってからもいつまでもカードを抱きしめていましたよ。
さて、今月からお誕生会のケーキは苺のショートケーキです。
はじめての子どもたちもケーキを一目見ると、「ぼく、苺だいすき!」と口々に言っていました。
「園長先生もたべたくなっちゃった」と言うと、「すこしあげるよ」とやさしいことばも聞かれました。
それにしても、小さな子どもが苺のショートケーキを頬張る姿って、ほんとうによいものですね。
 
TOPへ戻る